目が悪いのを改善できる成分というのはあるのでしょうか? 結論からいうと、そういった成分もありますが、それを摂取したからといって100パーセント改善できる訳ではありません。 ただ、視力改善のサポート的役割を果たしてくれるので、日頃からなるべく摂取した方がいいでしょう。 目が悪いのを改善できる成分は、以下のようなものです。 ・DHA ・アントシアニン ・タウリン ・クロセチン DHAは脳細胞を活性化させることで有名ですが、視力回復にも効果があるといわれています。 DHAが含まれている食べ物は、マグロをはじめ、イワシやサバといった青魚です。 アントシアニンは、ブルーベリーに多く含まれている成分で、目の疲れを和らげることができ、視力低下の改善にも効果があるとして有名ですね。 赤キャベツやスイカ、ぶどうといった食べ物にも、アントシアニンが含まれています。 タウリンは、貝やタコといった魚介類にたくさん含まれていて、自律神経を整える作用があり、視力回復にも繋がるといわれている成分です。 クロセチンは、ニンジンやカボチャ含まれている成分で、抗酸化作用を持っており、その抗酸化作用が目にも良いと考えられています。